あきのクビワオオコウモリ

今年は、パリーグ出身のスポーツマンを応援するということ。それを中心に見ようってね。
イロハ、パリーグっていうのは、個を重視した計算でね。ここで奮戦したスポーツマンというのが、いまの中頃野球には囚われるのでしょうしね。
そういうのが、今ヤクルトに来て、協力よりも個を重視して得る。そうして、調ですよね。オタクとかも申し込みお気に入りというよりも、ではある程度の余裕をもってもらえるいい意味でも小さい意味でも緩さ。そうして、アットホームな雰囲気で、他の組織から来たスポーツマンも温かく見守ってくれる。受け入れてくれる調がね。とあるのよね。
それは良いことなのかな?ってね。
そういうことですが、依然3そばは2.5レクレーション差異なんでね。今シーズンはまだまだ終わっていない。熱い夏季が近々立ち寄る。少しストーブが必要な夏季、秋にはしたくないですね。
ただ、指揮は翌年変えてほしいのは思っていること。それでも、行えることは行えは想うね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です