福島とアントニオ古賀

よし、終わりました。
いやあ、言っていたのですけれどもね。まさかの寄稿条件が起きました。
鹿島がね。引き分けまではあるのかな?ってね。思ってはいたけれども、けれども、まあ、鹿島のマッチ強さから考えるとね。どうでしょう?特に、鹿島がリード企業を何とかゲットして、カウンターもしくは条件熱演でリード企業をゲットして。賢く時間を使うということができるのかとも思ったけど、寄稿条件起きましたね。
それには、鹿島のしたたかさに不愉快ほど見ることをさせられた結果、おいらは鹿島の20呼び名目が取り去れるかとも思ったが、到底ですね。
で、こういう結果になった結果、ともかく生まれるであろう部分。
それはともかく川崎としてはMVPはきまりましたね。得点皇族になった結果、小林悠になるでしょうね。それにDAZNマネーで優勝賞金などで15億円とも仰る賞金が入り、等々力がまた手直しで3万5000ユーザーレベルの球場になる結果、大きめ分隊になるか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です